誰にも知られず自宅で検査。性病検査キットおすすめサービス【2022年】
性病検査は相手への思いやり

皆さんこんにちは。YUJIです。
いつもJOY OF LIFEをご覧いただき、本当にありがとうございます。


今回は、誰にも知られずに自宅でできる性病検査キットを紹介します。
喫緊でお探しの方は「はじめに」をスキップして読み進めてください。

はじめに

日本では性に関する話題はタブーとされがちで、インターネットが普及する以前は性の悩みに関する情報を得ることは簡単ではありませんでした。
その後インターネットが普及して格段に情報を得やすくなった一方で玉石混淆の情報が溢れかえり、誤った情報を得るリスクが別の問題として顕在化しました。

よって情報の正確性には細心の注意を払う必要があります。

今回のテーマである性病の検査キットですが、性病というのは多くの方にとって決して無関係なことではありません。誰だって図らずも罹ってしまう可能性があります。

幸いにして経験したことがない方にとっても、万が一のために知っておいて損はない知識です。

そこで本記事では、性病に関する基礎知識と「もしかしたら」と心配になった時に気軽に調べることができる検査キットについて紹介します。

では早速みていきましょう。

1. 誰にも相談しにくい性病に関する悩み

性病とは

正しくは性感染症。STD(Sexually Transmitted Disease)とも呼ばれます。

重要な情報のため、あえて信頼のおける情報ソースから引用で紹介させていただきます。

性感染症とは、「性的接触によって感染する病気」 と定義されます。 普通の性器の接触による性交だけではなくオーラルセックスやアナルセックスなど性的な接触で感染するすべてが含まれます。したがって特殊な状況での感染もありますが、通常の人としての営みの中で誰もが感染する病気であり、誰にでも生じ得る健康問題であるといえます。

[引用:外部リンク] 性感染症とは〜予防啓発に役立つ情報(公益財団法人 性の健康医学財団)

誰にでも生じる可能性があるということを、ここでは知って欲しいと思います。

性感染症は無症状であることも多く、自覚しないあるいは症状が軽く気が付かないということ、あるいは自覚症状があっても医療機関を受診しにくいことがあるなど、正しい治療に結びつかなかったり、感染がいつの間にか他の人へ広がってしまうという大きな問題点があります。
また生殖年齢にある女性が罹患した場合には、おなかの赤ちゃんや出生した新生児への感染など、母子感染として次世代にも影響が及ぶことがあるということも性感染症の重大な注意点です。

[引用:外部リンク] 性感染症とは〜予防啓発に役立つ情報(公益財団法人 性の健康医学財団)

ここで強調したいのが、実は罹っていても無症状がゆえに無自覚である可能性があることです。そういった点では、もしかしたら多くの方が一度は受けた方がいい検査とも言えます。
(もちろん、私も受けたことがあります)

(性感染症は、正しい知識と注意深さによる予防、そしてもし罹患した場合には早期の発見と早期治療が重要です。最近、性感染症(STD: Sexually Transmitted Disease)という「病気」だけではなく、症状が出ていない「感染状態」も含め広く考えるために、性感染(STI: Sexually Transmitted Infection)という語が使われることも多くあります。

[引用:外部リンク] 性感染症とは〜予防啓発に役立つ情報(公益財団法人 性の健康医学財団)

また、確率的には低く稀ではありますが、性交渉以外で感染するケースもあります。

[参考情報:外部リンク] 性感染症は銭湯や公衆トイレでうつる? 公共・商業施設での注意点(牧田産婦人科)

まとめ

身に覚えがなかったり無症状がゆえに自覚が持てない場合もあります。
その一方で、身に覚えがあり、疑わしい症状も自覚し「もしかして」と考えている場合でも、身近な人はもちろんのことお医者さんなど他人に相談することにも恥ずかしさを感じてしまう方が少なくないように思います。

このような考えが、結果として診察や治療を遅らせてしまうケースも珍しくないと思います。
(実はかつての私もこのパターンでした)

それこそ、性に関する問題であるがゆえ、このような状況が生まれがちになります。

だからこそ、誰にも知られずにまずは自宅で調べられる検査キットを多くの方に知ってもらいたいと考えました。

[参考情報:外部リンク] 性感染症(厚生労働省)

2. 検査キットとは

民間企業が提供する、ユーザーが自宅で簡単に血液検査を受けることができるサービス。
性感染症(STD)の症状や特徴など詳細にまずは自分で確認したい人に最適。

検査の一般的な流れ

  1. [ユーザー]オンラインで検査キットを購入
  2. [ユーザー(購入者または利用者)]オンラインで使用者情報登録
  3. [事業者]検査キットを郵送
  4. [ユーザー]自宅で検査実施(血液・尿など)・検体の返送
    ※どの検査も所要時間は5分程度
  5. [事業者]検体受領・分析・検査結果報告書作成
    ※検査は法律で定められた基準を満たし都道府県知事に登録を認められた衛生検査所が行う
  6. [ユーザー]結果確認(検体返送から3日以内が目安;オンライン(Webブラウザ)で確認)

3. 性病検査キットおすすめサービス (STDチェッカー)

予防会の郵送検査キット

7つの特徴

1) 35種類の検査ラインナップ
  • ほとんどの代表的な性感染症(STD)の自宅検査が可能

    男性用・女性用どちらもあります
    ※ホームページにて「STDチェック」ができ、結果から最適なキットを知れる
2) 説明書や動画が充実しており、初めてでもカンタンに自宅で検査ができる
  • 検査物の採取量はほんの少し
  • 誰でもカンタンにできる
  • 症状から性感染症(STD)をチェックできる診断チャートを用意
    (STD各症状や特徴などを詳細に解説)
  • 病院と同じ検査精度なので、信頼できる結果が得られる
3) プライバシーに徹底配慮し、同居の方などにも知られにくい
  • 匿名で検査が可能
  • 保険証不要・記録に残さないので安心
  • 受け取り方法・場所を選べる
  • 中身がわからない荷姿

受け取り方法/場所・荷姿について

  • ポスト / 宅急便 / ヤマト郵便 から受け取り方法を選べる
  • お近くのヤマト宅急便センターで受け取ることも可能
  • 差出人を個人名に変え、知人からのお届けもののようにすることも可能 
4) 検査結果はネットから確認できる
  • 最短2日(予防会にて検体受け取り後)
5) 専任スタッフへ質問ができる
  • 相談窓口を設置 (メール・専用フリーダイヤル)

質問・相談例

  • キット購入前:「どんな検査を受ければいいの?」
  • 自宅検査前:「採取方法がわからない」
  • 検査後:「結果が陽性だった」「近くの提携医院を探したい」

医師や看護師が直接診察しない自宅検査を不安に感じる方も安心です

6) 治療まで一貫してサポート。全国の直営・提携クリニックで治療が受けられる
  • もし陽性だった場合でも、治療まで一貫したサポートが可能
  • 性感染症(STD)に特化した5つのクリニックを複数運営。また全国のクリニックと提携
医師への無料相談
  • 検査結果について直接医師に相談したいという方は、直営クリニックまたは全国の提携医院で検査結果を見せるだけで無料で相談できる

※オンライン診療も実施
※保険証不要

7) 10年の実績
  • 国内有数、10年の郵送検査の実績があります

5. こんな方におすすめ

誰にも知られず自宅で検査。性病検査キットおすすめサービス【2022年】
「もしかしたら」と思ったらすぐに
  • 身に覚えがあり、「もしかしたら」と不安に感じている
  • まずは自分で検査したい
  • 忙しく病院に行く時間がない
  • 今まで一度も受けたことがない
  • 新しいパートナーができた
  • ブライダルチェックとして
  • サウナや温泉施設を頻繁に利用する
    (罹患確率は極めて低いですが、可能性はゼロではありません)

安心の匿名検査。結果も迅速。性病検査なら予防会

おわりに

誰にも知られず自宅で検査。性病検査キットおすすめサービス【2022年】
少しでも違和感を覚えたら、躊躇わずに

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

身に覚えがある・覚えがないに関わらず "誰にとっても意外と身近に潜んでいる問題" かも知れないということを知っていただけたのではないでしょうか。もし、本記事をつうじてそのような認識を持っていただけたなら嬉しく思います。

今現在身に覚えのある方は、ぜひ放置せず早めに(すぐに)対処されることをおすすめします。
そして、ご無事であることを心より願っています。

ありがとうございました。

あわせて読みたいおすすめ

遺伝子検査キットで自分を知る。QOLが向上する目的別キット4選

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA