40代男性の私が、本当にやってよかったメンズ美容医療7選
清潔感と色気のある男性に

皆さんこんにちは。YUJIです。
いつもJOY OF LIFEをご覧いただき、本当にありがとうございます。

1週間ほど更新ができませんでした。戻ってきました。
その分、今日は渾身の力作記事をお届けします。

目次

はじめに

40代半ばの私が、同世代の40代男性・50代男性に心からおすすめする、本当にやってよかった満足度の高いメンズ美容医療(施術)を紹介します。

7例ピックアップしましたが、全てに満足しており素晴らしい自己投資だったと思っています。
ちなみに、7例全てこの2年以内に行ったものです。

美容に関心のある男性は必見の内容です。
また、パートナーや旦那さんに格好よくなってもらいたい女性にも参考にして頂けると思います。

それでは早速紹介していきましょう。

1. 全身脱毛

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選
全身脱毛

今までワキ、前上半身、脚(太もも、脚、足の甲、足の指)そしてVIOの脱毛をしました。より効果が高いとされる医療脱毛を選択しました。

なぜやったか

正直体毛はそこまで濃いほうではありませんでした。

しかし、数十年間自己処理をしてきて、いつかは脱毛をしたいという考えは常に頭の片隅にありましたが、要否を考えた際に不要という結論に至り、これまでずっと保留してきました。
しかし、昨年やっぱりやってみたいという願望が出てきたため、やることを決めました。

何がよかったか(メリット)

  1. 見た目がスッキリし、清潔感が増した
  2. 自己処理の頻度・毎回の処理が格段に楽になった
  3. 清潔なので、精神衛生上も気持ちが良くなった

どれも些細なことに聞こえるかも知れませんが、この違いはとても大きいです。

補足

特にBefore->Afterで違いが出た箇所はVIOです。
​​VIOとはV(ビキニライン)、I(股の下)、O(肛門まわり)のことです。
その中でも、IとOはやってよかったと思います。

衛生面でのメリットを実感します。
普段不特定多数の方にお見せする部分ではありませんが。
すでに毛があった時の感触を忘れつつありますが、下着の着用感も気持ちいいですし、トイレの時の処理も本当に楽です。

また、家の中、特にトイレやバスルーム、寝室、ベッドなどに縮れた毛が落ちていることがなくなりました。
地味ですが大きなメリットです。空間であの毛を見つけた時の気分って、なんか嫌じゃないですか。正直気持ちのいいものではないですよね。

また、よく言われていることですが、将来介護を受けることを想定しやっておいた方がいいという意見があります。
これは本当に言えていると感じます。介助する方の作業が格段に楽になるのではないでしょうか。

太もも、膝、膝下に関しても気に入っています。
剛毛ではありませんでしたが、もともと毛がない方が見た目も美しく、肌触りも良いので、2週に1回程度の頻度で処理していました。
今もところどころまだ生えてくるところがあるため、週1程度の頻度で処理します。ただ、本当にピンポイントかつ毛が細くなったので、1,2分で済む様になりました。
今までと全然違います。

残念ながら、まだ完全に脱毛できておらず薄い毛が生えてくる箇所があります。
今後は年に1回ほどメンテナンスとして各パーツに1回づつ施術を行おうと考えています。
数年後に完全に綺麗に脱毛が完了できればと考えています。

デメリット

  1. 費用
    確かにコストがかかります。
    価値観は人それぞれですが、私にとっては美容と健康は積極的に投資したい対象/領域なので、非常に素晴らしく価値あるお金の使い方だと考えています。
  2. 痛み
    パーツや出力量により痛みの強さも異なりますが、施術時は痛みを伴います。よく比喩として例えられるのは輪ゴムでパチンと弾かれる痛みに近いかも知れません。
    回数をこなすと次第に慣れてきますし、どうしても耐え難い場合はオプションで麻酔もあります。
    クリニックによって異なると思いますので、都度相談されるといいと思います。

検討されている方へのアドバイス

ある1つの理由から、脱毛は出来るだけ早くやった方が良い施術です。
白髪です。現在の機械のメカニズムでは白髪は脱毛できません。黒色にしか反応しないからです。
よって、体毛に白髪が生え始めている方は、出来るだけ早く脱毛を始めることが望ましいです。
また回数については、パーツや個人の毛の濃さによって異なりますが、医療脱毛の場合1箇所5〜6回が一つの目安です。

2. ヒゲ脱毛

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選
ヒゲ脱毛

ヒゲの濃さはなかなか侮れないコンプレックスです

なぜやったか

  1. まずは見た目の悪さです。明らかにヒゲの周辺が青く、本当にコンプレックスでした
  2. 朝剃っても夕方には生えてきます。仕事終わりに会食や飲み会など、人と会う予定がある時には、会社のトイレで剃っていました。1日に2回も剃らなければいけない剛毛を恨んだりもしました
  3. 常に髭剃りを携帯しなければいけない面倒さ、ヒゲを剃る面倒さ
  4. 髭剃りの回数が多いことによる肌へのダメージ
  5. そして一生懸命綺麗に剃ったとしても、青々とした見た目の悪さは残る口周辺への絶望的な残念な気持ち

この様に私にとってはデメリットが大きすぎる問題でした。

やってみた感想

本当に劇的に薄くなりました。
私はやはり手強い剛毛の持ち主の様で、口上、口下あたりにまだヒゲが残っています。それでも施術を始める前の10〜15%くらいの毛量にまで少なくなりました。
写真写りを見ると如実にその効果を知ることが出来ますが、その変化は感動ものです。

何がよかったか(メリット)

  1. なんといっても見た目がよくなったことです
    剃り残しの絶望的な青々とした口元ではなくなりました。顔の他の部分と同じ肌色を手にすることが出来ました
    美しくなっただけでなく、健康的に見える様になったと思います。青々としていると、口元とはいえどこか不健康に見えてしまいます
    そして、清潔感も格段にアップしました
  2. 肌が綺麗になった
    毎日の髭剃りによって、肌は常に強い摩擦を受け傷んでいます。電動シェーバーを使ってもやはり摩擦や刺激はあります。髭剃りの回数が少なくなった今、私の口元や顎周りの肌は綺麗になりました
  3. 手入れが楽になった
    一日2回剃らなければいけなかったのが1回でよくなりました。その1回すらもピンポイントなので1分もかかりません

ただ私は完全脱毛を目指しています。最終的には髭剃りを手放すことをゴールにしています。
おそらくあと数回オプションで追加することになりそうです。

デメリット

費用と施術時の痛みです。
コストは確かにかかりますが、もしヒゲに悩んでいる方がいらっしゃれば、私は心の底から思い切って検討されることを強く推奨します。あなたが投資すべき最良の一つかもしれません。

検討されている方へのアドバイス

ヒゲ脱毛は、間違いなくあなたの顔の印象を変えてくれます。

見た目の悪さだけでなく、毎日の髭剃りの煩雑さからも、あたなを開放してくれます。
髭剃りをやめることで、肌へのダメージも減り、美しいすべすべした肌を手に入れることもできます。
また、自分だけでなくパートナーやご家族も喜んでくれるのではないかなと思います。
回数については、薄い方なら5〜6回のパッケージ、濃い方なら10〜12回が一つの目安です。
私は今まで12回行いました。
効果が高いと言われる "医療脱毛" を選択しました。

3. 薄毛治療

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選
薄毛治療

今度は”育てる方”です。
今回紹介する中で、唯一クリニックを頼らず自力でホームケアで行っています

髪は女性にとって命と言いますが、男性にとっても同様です。
少なくとも、私にとって髪は人生を楽しく、豊かにしてくれる大切なアイテムです。

なぜやったか

前髪のボリュームのなさは、私の長年のコンプレックスでした。

専門のクリニックで診断を受けたことはありませんが、おそらくは典型的な男性型脱毛症(AGE)だと考えていました。
特に左右の生え際の後退はスタイリングの自由を奪い、オールバックの様な髪をあげるヘアスタイルが出来ませんでした。

また、写真で自分を見るのが嫌でした。

なぜなら、どうしても左右の生え際のボリュームがなく、いかにも枯れたおじさんの様に見えてしまっていたからです。
”無い袖”は振れないのと一緒で、"無い髪" はどうしようも出来ないのにも関わらず、常に鏡の前で出来るだけ目立たないスタイルを試行錯誤する日々でした。
こうやって改めて言葉にすると、本当に悩み、もがいていたんだと再確認出来ました。
思い切ってスキンヘッドにするというソリューションもあります。
ただ、私にその選択肢はありませんでした。
それは、私にスキンヘッドは似合わないことを知っていたからです。

育毛ではなく、生え際にエクステンションをつけるプチ植毛などを考えたことも過去にありました。
また、AGEクリニックのホームページにアクセスし、あれこれ調べたこともあります。
この様にして、いろんな情報収集を進めるうちに、育毛と発毛に有効な成分は3種類ほどしかないことを知るようになりました。

育毛・発毛のアプローチに関しては、ここでは詳しく触れません。
有効成分の名前だけご説明します。

発毛サイクルを正常化する成分としてはミノキシジル(濃度5%を使っています)。攻めのアプローチ。
抜け毛を防止してれる成分としては2種類あり、フィナステリドとデュタステリド。いわば守りのアプローチ。

この "攻め側" と "守り側" のアプローチをセットで両輪として行うことで、私は約半年程度でみごと発毛に成功、そして脱毛の抑制にも成功しました。

結果として薄毛の改善に成功することが出来ました。

何がよかったか(メリット)

  1. 自己評価として、薄毛ではないと確信出来る様になった
  2. 念願だった髪をあげるスタイルが出来る様になった。スタイリングの幅が増えて、楽しめる様になった
  3. 写真撮影への恐怖心や抵抗がなくなり、むしろ好きになった

デメリット

個人的にはデメリットとは捉えていませんが、次のことをお伝えしたいと思います。

  1. 半永久的にケアし続ける必要がある
    具体的には、発毛サイクルを正常化するミノキシジル(外用薬)と抜け毛を抑制するデュタステリド(内服薬)を毎日使い続けなければいけません。お金と毎日のケアが必要です。私にとっては美容と健康は積極的に投資したい対象/領域なので、非常に素晴らしく価値あるお金の使い方だと考えています
  2. 薬の入手
    AGEクリニックに通えばミノキシジルもフィナステリドもデュタステリドも手に入ると思いますが、クリニックを利用せず自力で治療する場合はフィナステリドとデュタステリドは個人輸入する必要があります。ミノキシジルについては、最近ではミノキシジル配合の育毛剤も販売されている様なので問題なく手に入ります。なお、ミノキシジルも個人輸入で入手は可能です
  3. 副作用
    ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドそれぞれに副作用の可能性があります。それぞれ生命に関わる重大な副作用ではありませんが、十分に注意が必要です。詳しくは割愛しますので、ご自身で調べてみてください

検討されている方へのアドバイス

出来るだけ早くやった方が良い。これが私からのアドバイスです。
悩んでいる時間が無駄だからです。悩んでいる時間があるなら、早速始めてみませんか。

本気で薄毛を治療したい方は【eLife for AGA】

現状AGA解決の有効な手段は投薬治療のみです(ミノキシジル[発毛促進]、デュタステリドorフィナステリド[抜毛予防]が世界共通で認められている確かな有効成分です)。

無料で診察を受けられます: オンラインAGA診療の【eLife(イーライフ)】

CMでお馴染みのサイエンス社のシャワーヘッド【ミラブル】

髪質改善には塩素除去が効果的です。日本の水道水は綺麗で美味しいですが塩素量は多いのです: ウルトラファインバブル

4. 歯列矯正

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選
歯列矯正

歯並びの矯正は現在進行形で行っており、まだ完了していません。あと2年ほど掛かる予定です。

なぜやったか

歯並びの悪さは、小学生以来私の最大のコンプレックスであり続けました。
歯並び(の悪さ)にもレベルがあると思いますが、我ながら私の歯並びの悪さはレベルとしてもかなり高い方だと自覚しています。
なぜなら、歯列矯正の割合としても10%程度しかいない反対咬合だからです。
それに加え、左右ともに八重歯まであります。
メンタルが弱い人なら、相当厳しい見た目です。
実際、私も常にコンプレックスを抱え続け、問題であり続けました。
それでも、なかなか手が出せないのが歯列矯正でもありました。
44年間もです。
それは、矯正するにも矯正器具が見え、歯列矯正していることがわかってしまうことへの強い抵抗があったからです。
治療には一定の年月を要するため、それに耐えられる心構えがなかなか作れなかったからです。

やってみた感想

まだ道半ばですが、本当に決断してよかったと心の底から強く実感する毎日です。

何がよかったか(メリット)

歯並びはまだ整っていませんが、間違いなく完成した際には、人生最高の笑顔を手に入れられると考えています。
私が力説するまでもなく、歯並びは見た目に影響を与える最も重要な要素の一つでしょう。きっと多くの方も、異論はないのではないかと思います。
また、審美的な側面だけでなく、機能面や健康面でのメリットも計り知れません。

人生100年時代が現実味を増している現在、これから数十年続く長い人生を考えた時、機能面・健康面の改善は、審美面と同等かそれ以上に重要になります。
私は審美面を解決したくて歯列矯正を決断しましたが、始めた後に上記2つの側面の重要性に気づくことになりました。
とにかく、1年前に決断し実行に移せたことを喜ばしく思っています。

デメリット

2つあると思っています。

  1. 費用
  2. 治療期間の長さ
    しかしながら、費用に関しては、先ほどもお伝えした審美面のほか機能面・健康面まで視野に入れた時、今後の人生に向けた大切な自己投資と腹落ちさせることさえできれば、決断しやすくなるのではないかと私の経験からもお伝えしたいと思います。
    治療期間はご自身の歯並びの程度や治療する手段や歯科医によって異なってくると思います。
    ですが、おおよそ1年から3年くらいの長期間を要するのが、一般的なワイヤーやマウスピースを用いた歯列矯正だと思います。
    これだけの時間を要するので、社会人の方にはなかなか高いハードルがあるのが事実です。
    しかし、不幸なパンデミックがもたらしたマスクのある日常が歯列矯正や美容医療をするという観点ではプラスに働いています。
    それ以前と比べ、圧倒的に治療をおこないやすい環境が今あります。

検討されている方へのアドバイス

どの年齢の方でも、思い立った今が最良のタイミングだったりします。
また先述した様に、パンデミック下のマスクのある生活や在宅勤務の数少ない恩恵として、歯列矯正はまさにやりやすくなったことの一つではないでしょうか。
このことも、今が絶好のチャンスと捉え、ぜひ前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。

私は昨年44歳にして決断し開始しました。
1年経過した今、1年前に決断できたことはとても素晴らしいことだったと喜んでいる反面、数十年にわたり先延ばししてきたことへの大きな後悔もあります。
私の率直な感想を共有することで、一人でも多くの方の背中を押すきっかけになればと思い、このようなお話をしました。
2年後に念願の最高の ”ビッグスマイル” が出来ることが、今から楽しみでなりません。

5. 眼瞼下垂手術

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選
眼瞼下垂手術

目元の老化は顔の中でも特に年齢を感じさせます。
私も実際に悩まされてきました。

なぜやったか

私は元来ぱっちり二重の持ち主なのですが、加齢とともに左の瞼の二重が安定しない状態になってしまいました。
時には三重だったり四重だったり、まばたきをする度に異なる形状になってしまうという状態になってしまっていました。
三重や四重の状態の時は、目が潰れた状態になってしまい、写真などを見ても高い確率で左目が潰れていたりするので、本当に悩みの種でした。
例えば、せっかく友達などと撮影した記念写真であっても、後でチェックしてあまりにも目が潰れていて見た目が悪い時は、残念ながら友達にシェア出来ない(したくない)という様なことも珍しくありませんでした。
いつからこんな不安定になったのか、はっきりと思い出すことができないのですが、かれこれ10年くらい前には兆候が現れ始め、ここ5年ほどで悪化していった様な気がします。
右目と同じ様な本来の二重を作るため、毎日数えきれないくらい目を開閉したり、指で上瞼を軽く引っ張って手動で強制的に二重瞼を作り出したり、涙ぐましい努力を日々地道に重ねて来ました。しかし、悲しいかなまばたきをしてしまうと、たちまち形は崩れてしまうのです。
この様に負荷をかけ続けることも、状態を悪化させていたのでしょう。
今になって見るとそう客観的に考えることができますが、その当時はそんな考えを持つ余裕がなく、瞬間瞬間一時凌ぎででも綺麗な二重を作ることに一生懸命でした。
それでも、そんな日々の繰り返しにいよいよ限界を感じ、抜本的な治療をしたいとリサーチを始める様になりました。
昨年4月、評判の良い眼科を見つけることができ、一念発起し勢いでやりました。
今では右目と同様ぱっちりとした二重(本来の状態)を取り戻し、ストレスのない時間を取り戻すことができました。

やってみた感想

最も不安だったことは、右目と同じ幅(厚み)の二重にしてもらえるかどうかでした。
二重を取り戻したとしても、右と厚みの異なる二重になってしまったら取り返しがつきません。素人ながらにそのことは不安でした。
結果は杞憂に終わりました。

何がよかったか(メリット)

もともと持っていたぱっちりな二重に戻ったことです。
取り戻して初めて、どれだけ毎日左目のケアに大量の時間を要し、ストレスを抱えてきたのだろうということ。
また、手動で二重の状態を作るために、瞼に触れ続けることで負荷とダメージを掛け続けて来たのだろうということでした。
写真を撮っても、しっかり二重をキープできているので、撮影するときの不安も、撮った写真が無駄になってしまうことの機会損失や地味な苦痛からも開放されました。
また、術前は、間違いなく対面で誰かと接している時に、自分では気づかないまま、左目は目が潰れた状態だった場面はが多々あったのだろううことを考えると、今はその心配から完全に開放されました。
術前の私は、対面する相手に間違いなく疲れや不健康な印象、または違和感を与えていたはずです。
健康的な印象を与えることができる様になったことにも、大きな喜びを感じます。
左右対称であることも、審美的にはやはり重要な要素なのだと実感しました。
また、眼瞼下垂は肩こりや頭痛の原因になるとも言われています。
実際私は慢性的な肩こり持ちでしたが、術後肩こりが緩和しました。どうしても辛い時はマッサージを受けていましたが、その機会が大幅に減りました。

デメリット

ダウンタイムです。
これは無視できないボトルネックであり、ハードルかと思います。
術後、抜歯までの1週間はガーゼをつけるなどして保護する必要があります。
また、2ヶ月ほどは腫れが残り、かなり分厚い二重になります。
これは明らかに他人にわかるレベルで、メガネなどで隠すことは困難です。
完全に腫れがひき、右目と同じ厚みになるまでは3ヶ月程度かかった気がします。
もちろん2,3ヶ月さえ我慢できれば、美しい目元を取り戻すことができ、長期的に見れば若々しく健康的な印象を与えることができる様になるので、メリットの方が遥かに大きいと個人的には思います。

検討されている方へのアドバイス

他の施術と比べ、目元というデリケートな部分であるため、経験・実績が十分な病院や先生を選ぶことが大切です。

美容に特化した美容外科か眼科が主な選択肢になると想定されますが、まずはどちらも調べて実際にカウンセリングを受けた上で判断することが良いかも知れません。
現状理解、治療方針、ダウンタイム、費用、アフターサービスなど、それぞれ違いがあると思われます。

6. 経結膜脱脂手術 (下眼瞼脱脂術)

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選
経結膜脱脂手術

もう1つ、目元に関する施術です。
これもやってよかったと言い切れる治療で、ぜひシェアしたいと思った施術です。

なぜやったか

クマは私にとって長年の悩みであり、大きなコンプレックスの一つでした。常に格闘し続けてきました。

クマの嫌なところは、なんと言っても相手に与える不健康なイメージです。
どんなに自分が健康であっても、クマがあるだけで不健康な印象をもたれ、覆すことができません。
私は極めて健康で理想的な生活習慣を持っていると自負していますが、クマによってかなりイメージを損なっていると感じていました。

私のクマは2種類のクマが複合した程度の強いものでした。
1つは茶クマ。紫外線や摩擦などの刺激にとって、肌がダメージを受け色素沈着が進行し着色してしまったクマ
もう1つは黒クマ。老化などにより目の下の脂肪が突起し凹凸ができてしまうことで生じる影(影の部分が黒く見える)
段階的に治療をすることを決心し、まずはクマとしてより面積が大きい黒クマの治療を行うことにしました。
黒クマの手術方法としてスタンダードな1つである、経結膜眼窩脂肪を除去する方法を選びました。

やってみた感想

茶クマ(色素沈着)が残ったままなので、残念ながら現在もクマを完全に除去できていないのですが、黒クマについてはかなり改善することが出来ました。
個人差もあるので、クマの治療は一筋縄ではいかないのですが、施術により眼窩脂肪を除去したことで、少なくとも黒クマについては無くなりました。

何が良かった(メリット)

まずは、複合していたクマの1つ、黒クマを解消できたことです。
もう一点、あくまで個人的な印象ですが、黒クマの正体は脂肪のたるみ・膨らみでできる凹凸によって生じる影です。凹凸があることでやっぱり老けて見えてしまいます。これが解消されたことで、目元は若返ったと思います。

デメリット

ダウンタイムでしょうか。
1〜3日ほどお風呂やシャワーを控えなければいけませんし、目の下をテープなどで保護するようお医者さんから指示されると思います。
確実に施術したことが他人にわかってしまうので、それを前提としなければいけません。

検討されている方へのアドバイス

黒クマを解消する手術は、実は今回私が選択した​​​​​​経結膜脱脂以外にもいくつかの方法があります。
いくつかの選択肢があるので、まずは一度クリニックに相談に行き、アドバイスを受け、慎重に判断した上で、一番ご自身にあった方法を選ぶことをオススメいたします。
また、YouTube等でもクマ解消のマッサージ術などを発信されている方が結構いらっしゃいます。私もよく参考にさせて頂いています。
しかし、黒クマはマッサージで解消することが困難なクマではないかと考えています。もちろん程度にもよるとは思います。
マッサージに過度な期待をしすぎることなく、様々な選択肢を幅広く検討されてみることをおすすめいたします。
また「脱脂」する場合も、「脱脂」だけではなく最初から「脱脂」と「脂肪注入」をセットで提案されるクリニックもある様です。
もちろん、診断の結果として全体的に凹凸をなくしクマを解消するためのクリニックとしての最良の提案なのだとは思います。
しかし、まずは脱脂のみを行う。その後の様子を見てから、次の追加施術を検討しても良いのかも知れません。

7. 眉毛アートメイク

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選
眉毛アートメイク

一番直近でやった美容施術がこのアートメイクです。眉毛を整える美容施術です。眉毛のタトゥーとも言われます

いわゆるタトゥーは真皮にインクを入れるので半永久的に落ちませんが、アートメイクは表皮にインクを入れるため2〜3年で落ちます。

なぜやったか

私はもともと眉毛のかたちが好きではありませんでした。
大学生になってから手入れをし始めた記憶がありますが、手入れが欠かせませんでした。今でも3日おき程度のメンテナンスが欠かせません。
ただ器用ではないので、写真を見るとその時々、濃さやかたちも微妙に違ったりしていました。
たまに納得のいく濃さ・かたちを作ることが出来るのですが、毎回再現できる訳ではありません。もちろん同じかたちにしようと頑張るのですが現実はそうはいきません。
しかもそれは、客観的に自分の写真を見た時に気がついたりします。
なんでこんな変なかたちになっているんだろうなど、苦笑することもしばしばです。
こういう背景がある中、昨年遅まきながらアートメイクという存在を知り、すぐに強い関心を持ちました。
眉毛って顔の印象に与える影響が実はものすごく大きいんです。
だからこそ、私も何十年も少しでもいい印象にしたいと願い、日々試行錯誤を繰り返してきたのだと思います。

何がよかったか(メリット)

満足出来る美しいラインを手に入れたことです。
自己肯定感が持てることは、やはり本当に素晴らしいことだと思います。
コンプレックスはマイナスの感情です。マイナスからプラスになる。
実はものすごくマインドに与える影響が大きいと言うことだと思います。
もし、眉毛で悩んでいる方がいれば迷わずあなたもトライしていただきたいと思います。
Beforeの頃の日々鏡の中の眉毛をチェックしながら悶々としていた自分に対して、なんてもったいない時間を費やしてきたのだろうと思っています。
実際にやってみて、眉毛が顔全体の印象に与える影響の大きさを強く実感しています。

デメリット

  1. 施術の内容によりますが、従来のオリジナルのかたちから大きく変える場合は、Before->Afterの差が出るので、第三者にわかってしまうと思われます
  2. メリットとの裏返しですが、インクは2年弱持つらしいので、一度施術を行ってしまうと2年くらいは直せません(実際にはインク除去施術がありますが、別料金が発生します)

検討されている方へのアドバイス

施術自体はカウンセリングを含めて2時間程度で収まると思います。
ダウンタイムも1時間程度なので、お仕事帰りや休日に施術を受けられ、お仕事にも影響しないと思います。
難易度は低い美容施術と言っていいと思います。
サロンにもよりますが、眉毛のアートメイクは2〜3回で1パッケージの場合が多い様です。

アートメイクは本当に心の底からおすすめの美容施術です

ランク別料金システムの4Dアートメイク【エムビューティークリニック】

LEAGRNT CLINIC 中目黒

40代男性の美容に対する私の考え

まず基本の生活習慣の質を高める

40代男性が美容に取り組む際の、私の考えをお話したいと思います。
20代・30代・50代の方にも言えることだと思っています。
まず、健康と美容の土台となる食事・運動・睡眠の三大要素の質を高めること。
これが基本だと考えます。

その他、16時間ファスティングによるオートファジーの活用など、食生活の工夫などで人体が本来持つ再生機能を高めるアプローチも上手に摂り入れたり、紫外線対策や保湿などスキンケアとして予防的なアプローチを行うことで、一層盤石な健康・美容維持習慣を確立することが出来ると考えています。

その上で、課題を解決するために柔軟に手法を検討する

ただ、私は、これに加えて美容医療も推奨しています。
これは私自身も様々な美容施術を受けてきた経験から言えることです。

食事・運動・睡眠の質を上げただけでは解決できない課題については、最終手段として美容医療を検討することも必要です。
代表的なものとしては、ヒゲ脱毛や歯並びの矯正などがありますね。
これらは特に説明は不要かと思います。

また、黒クマなど加齢による下まぶたのたるみ治療なども、程度によりますが眼窩脂肪(経結膜)の除去や移動の様な手術をしないと正直難しいケースがあります。

何事にも言えることかもしれませんが、一旦先入観を捨てて、まずは試してみる。
その結果を持って、自分に合う合わない、続ける止めるなど判断すれば良いだけです。

私もこの様に、何かに限定したり、何かを否定するということなく、素直にそして柔軟に様々な手法を採り入れて美容に取り組んでいます。
その成果として、実際私は客観的にも実年齢より若い見た目を維持しています。

私の願いは、今現在の若さをこの先も出来る限り維持していくことです。
(出来ることなら、”人生で一番若い今この瞬間”の状態を永久に維持したいとさえ思っています)

始めるなら、1日でも早い方が良い

また、もう1つ大切なことをお伝えします。

取り組むなら、”1日でも早い方が良い” ということです。
それは前述したように、”今この瞬間があなたの人生で一番若い” からです。

今始めることで、それだけ若い状態を維持出来るからです。
もう少し具体的な一例をあげると、例えば、現在のレーザーや光脱毛のメカニズムでは白髪にはアプローチできません(別の方法で白髪一本一本を脱毛出来る方法はあります)。
よって、ヒゲやVIOをしっかり脱毛するためには、白髪が生える前に行うことが理想的です。

今、少しでも美容に関心を持っていて、まだ具体的にアクションできていない方は、何らかのアクションを始めることをおすすめします。
リサーチをするだけでも第一歩です。

40代男性に“健康も美容も”大切にして欲しい理由

怪我をきっかけに自分の顔を観察し始めて気がついた、自分の本当の姿

私は怪我がきっかけとなり、顔をよく観察する様になりました。
その結果、自分が思い込んでいた自分の顔より、実際はかなり老化している自分を発見しました。
小さくないショックを受けました。

「健康」と「美容」はまったくの別物であることを思い知る

そして、今までほとんど美容に力を入れてこなかったことを認識しました。

初めて「健康だけではなく、もっと美しくなりたい。」と思いました。
同時に、老化現象とは関係なく以前から気になっていた、好きではないところも綺麗にしたいと考えるようになりました。

これが私の美容の出発点です。
ここから私は”美容にも”力を入れるようになりました。

美容は自己満足の世界と言われれば、そうかも知れません。
しかし、ものに例えればもっとその価値がわかりやすいかも知れません。

革靴やバッグ、または家の屋根や壁、お風呂をリフォームするのと同じことです。
40代は靴やバッグに例えるならば、それなりに使い込んでいます。
どんなにこまめにメンテナンスを行なってきた方でも、大切に扱ってきた方でも、それなりにダメージがあることでしょう。

メンテナンスが必要ですし、メンテナンスをすれば美しく蘇ります。
それは私たちの身体も同じです。

美容がもたらすベネフィット

「1. 自分の変化」と「2. 他者との変化(人間関係)」にてピックアップしてみます。

1. 自分の変化

  • コンプレックスがなくなる
  • 自己肯定感がアップする
  • 前向きになる
  • 積極性が増す
  • 自分に自信つく
  • 余裕が生まれる
  • 自分を好きになる
  • 自分を大切にしようという気持ちが強くなる
  • 人生がもっと楽しくなる

2. 他者との変化(人間関係)

  • 他者から
    • 好意を持って貰えやすくなる
  • 自分から
    • 自信を持って接することが出来る様になる

いかがでしょうか?
健康がもたらしてくれるのとは違ったベネフィットがあります。
(ワークアウトで筋肉を重点的に鍛えている方は似たようなベネフィットを感じているかも知れません)

プラスアルファの価値と言ってもいいでしょう。
2年前に美容に目覚め、以降様々なメンテナンスを実践してきました。

その結果、2歳年を重ねたのに若返ることが出来ました。
また、上記の様な変化・ベネフィットもセットで付いてきました。

40代は美容を始めるのにいいタイミング

今や私の人生において、健康と美容はどちらも不可欠なものです。

40代は美容に取り組み始めるのにいいタイミングかも知れません。
そして、ぜひ取り組み始めて欲しい年代でもあります。
少しでも細胞が若いうちに取り組んだ方が、より若い状態を維持しやすいからです。
少しでも美容の素晴らしさが伝われば嬉しく思います。

美容を大切にすることは、自分の身体と心を大切に扱うことと同意

人は見た目が全てではありません。
価値観も人それぞれです。
ただ、私は見た目も大切な価値だと思っています。

美容に力を入れて自らが変化をした結果、QOL・幸福感が大きくアップした実体験があるからです。

美容は最高の自己投資であり、健康と美容を大切にすることは自分(身体と心)を大切に扱うことと同意だとも思います。

育毛・脱毛・眉毛アートメイク。私がおすすめするサロン・クリニックをまとめました

本気で薄毛を治療したい方は【eLife for AGA】

ご存じですか?現状AGA解決の有効な手段は投薬治療のみです。
"ミノキシジル(発毛促進)と"デュタステリドorフィナステリド"(抜毛予防)が世界共通で広く認められている確かな有効成分です。オンライン診療は無料です。

スマホ完結!医師が処方する発毛治療【eLife(イーライフ)】

エステ脱毛なら「dats!(ダッツ)」

未経験の方が安心して受けられる様、とことん不安要素を取り除いたメンズ脱毛専門店。
初回限定お試し脱毛が3,300円(税込)で受けられます(対象:ヒゲ脱毛コース/VIO脱毛コース)。

dats!(ダッツ)

ハイブリット医療脱毛なら「PROUD CLINIC」

脱毛経験者の意見として、"ハイブリット医療脱毛"は非常に魅力的な選択肢です。
今ならヒゲ脱毛に全身脱毛(1回分)がついてきます(最高にお得で魅力的なプランです)。

PROUD CLINIC

眉毛アートメイクは心の底からおすすめの美容施術「エムビューティクリニック

眉毛で顔の印象の8割は決まると言われています(自分がやってみて実感しています!)。
アートメイクは医療行為なのでトレーニングを受けた医療従事者の施術を受けてください。
エムビューティクリニックは最先端の4Dアートメイクで自然な仕上がりを第一にしています。

エムビューティークリニックだから実現した【4Dアートメイク】

関連記事

「elife for AGA」について、詳しくはこちらの記事をご覧ください

薄毛改善・治療に絶対おすすめのオンライン診療AGA治療(1)

皆さんこんにちは。YUJIです。いつもJOY OF LIFEをご覧いただき、本当にありがとうございます。 今回の記事は、特定のサービスに関する内容です。 目次全国の薄毛に悩むす…

「dats!」について、詳しくはこちらの記事をご覧ください

ユーザーに寄り添ったメンズ脱毛おすすめサロン・クリニック(1)

みなさんこんにちは。YUJIです。いつもJOY OF LIFEをご覧いただき、本当にありがとうございます。 目次はじめに今回の記事は、特定のサービスに関する内容です。脱毛サー…

「PROUD CLINIC」について、詳しくはこちらの記事をご覧ください

ユーザーに寄り添ったメンズ脱毛おすすめサロン・クリニック(2)

みなさんこんにちは。YUJIです。いつもJOY OF LIFEをご覧いただき、本当にありがとうございます。 目次はじめに今回の記事は、メンズ脱毛の特定のサービスに関する内容で…

「エムビューティクリニック」について、詳しくはこちらの記事をご覧ください

人気のメンズ眉毛アートメイクで凛々しく。おすすめクリニック(#1)

皆さんこんにちは。YUJIです。いつもJOY OF LIFEをご覧いただき、本当にありがとうございます。 目次はじめに今回は、今人気の"メンズ眉毛アートメイク"の実績豊富なクリ…

Follow me!

40代男性・50代男性にすすめたい、私が本当にやってよかったメンズ美容医療7選” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す